ポプテピピック・大川ぶくぶ先生、包丁の描き方で編集に対してロックな対応をぶちかます