外国人がどのようにして日本のサブカルファンになっていくのか